ソリューション Server Data Protection with Ahkun

背景

マイナンバー制度が導入された現在、国内の企業や公共団体などを取り巻く環境は大きく変化しています。
組織が従業員や地域住民、場合によっては取引先の特定個人情報を管理するようになり、その情報をデータベースだけでなく、非構造データとしてファイルサーバやNASに保管することが多くなりました。データに対する安全管理措置は必須項目であり、これまで以上にファイルサーバへのアクセス管理のニーズは高まっています。
一方、国内での被害件数も増加しているランサムウェアによってクライアントPCのファイルが次々と暗号化されてしまうだけでなく、ネットワーク経由でサーバに飛び火しファイルサーバ上の重要データが複合出来なくなる、といった壊滅的な状態に陥る法人ユーザも後を絶ちません。

クライアントがアクセスするファイルサーバ上のデータを守る観点からも、ランサムウェアを含めたマルウェア対策をエンドポイントで徹底することが、今後は一層重要となります。

ソリューション概要

Server Data Protection with Ahkun は、Ahkun EX AntiMalwareSecureSphere (Imperva社)の連携による、自動化されたファイルサーバの検疫ソリューションです。
重要データへのアクセス管理を厳格化し、マルウェア対策が不十分であれば、たとえ権限を有する正規ユーザであってもファイルアクセスを許可しません。

エンドポイントセキュリティ

ファイルサーバセキュリティ

  • SecureSphere File Firewall をファイルサーバやNASへの通信経路上に導入し、サーバを監視
  • 自動的にデータの分類・分析、権限設定やユーザ利用状況を紐づけし、違反なクライアントアクセスをブロック
  • X/M シリーズの物理アプライアンスの他に、VMware 上で動作する仮想アプライアンスとしても導入可

ファイルサーバの検疫

  • SecureSphere File Firewall が自動的に Ahkun EX AntiMalware Enterprise に通信し、可視化されたマルウェア対策情報を5分間隔 (デフォルト値) で取得
  • SecureSphere File Firewall のカスタムポリシーで、取得したマルウェア対策情報の条件を組み合わせて、ファイルサーバへのアクセスを許可またはブロックするルールを自由に作成
  • アクセス権限の有無に拘わらず、マルウェア対策に不備のあるクライアントによるファイルサーバへのアクセスを自動的にブロック
  • *マルウェア対策の不備が改善されれば、自動的にブロックを解除

ページトップへ