製品・サービス PasoLog

NEW!!

★【2017/1/27】PasoLogの中小企業向けアプライアンス「PasoLog Server SMBⅡ」を販売開始します。

ご好評を頂いていた「PasoLog Server SMB」の後継機種として、2017年3月1日より販売開始する予定です。
サーバOSをWindowsに一新し、信頼性・拡張性を高めたアプライアンス製品です。
また、マルウェア対策ソフトウェア「Ahkun EX AntiMalware」を標準搭載することでセキュリティ対策も強化し、
ファイルサーバとしても安心してご利用頂ける製品となっております。
なお、「PasoLog Server SMB」は3月末をもって販売終了となります。

★【2016/10/14】PasoLog の新バージョン「PasoLog Manager Ver1.32」をリリースいたしました。

PasoLog Manager Ver1.32では以下の機能が追加され、今まで以上に情報漏洩対策としてご利用いただけるようになりました。
① 利用禁止ソフトウェア機能を拡充しました。ファイル交換ソフトやメッセンジャーソフト等のカテゴリから一括指定が可能になったほか、 「ソフトウェア一覧」から導入済みのソフトウェアに対しても禁止設定が可能となりました。
② クライアントPCのWebサイト閲覧履歴を「URLアクセス」から検索できるようになりました。
③ 管理者からクライアントPCへメッセージを一斉送信し、クライアントデスクトップへ表示することが出来るようになりました。
※導入済みのお客様は、アップデート後に上記機能がご利用いただけます。



業務管理と情報セキュリティ対策をサポート
~見えない業務の流れが見えてくる~

概要

PasoLogは、社内の各PCにインストールしたクライアントプログラムが収集した操作ログをより簡単に集計・分析した内容をブラウザで確認できる管理プログラムです。
また、操作の分析だけでなく、操作自体の制御も可能にし、個人情報のみならず、企業内情報資産(人事情報、財務情報、顧客情報、経営情報など)の漏えいから「守る」ことや、万が一インシデントが発生した場合の責任所在を「解析する」ことで、クライアントPCおよびファイルサーバのセキュリティ監査に対しても様々な支援機能を提供します。 

主な機能

「解析する機能」

  • PCの作業分析
  • PCの資産管理・インストール済ソフトウェア情報
  • USB使用履歴、印刷履歴
  • Windowsファイルサーバ操作履歴

「守る機能」

  • USB・WPDの使用制限
  • ソフトウェア利用制限
  • マイナンバー含む情報漏洩対策

PasoLog_Bar_TM.png

LoginPage.PNG
PasoLog Manager 
管理者ログイン画面

特長

✔ システム導入はラクラク!⇒管理プログラムの利用は既存のネットワークに専用サーバを設置するだけ!
✔ 管理者用ツールの学習は不要!⇒ITに詳しくなくても、わかりやすい操作性!
✔ クライアントPCやファイルサーバにインストールするソフトウェアは超軽量!⇒デバイスへの負荷が最小限!
✔ 柔軟性の高いポリシー設定ルール!⇒部署ごとや役職ごとの細かいポリシー設定が可能!
✔ マイナンバー制度にも対応!⇒マイナンバーが含まれているファイルの保有PCも見える化!

解析する機能

PCの作業分析

  • デスクトップ画面キャプチャ:約30分毎のクライアントのデスクトップ画面をキャプチャ
  • 全体分析:全クライアントの集計データを表示
  • クライアント別分析:クライアント別の集計データを表示
  • アプリケーション利用状況:アプリケーションの使用率を表示

  デスクトップ画面キャプチャ       全体分析         アプリケーション利用状況

PCの資産管理

  • PCの資産情報:PCのOSやメモリ等の各種スペック表示
  • ソフトウェア状況:インストール済みのソフトウェア表示
2_2_b.png

クライアント情報チェックボックス    クライアント情報表示例      ソフトウェア状況

各種履歴

  • USBメモリの使用履歴:USBメモリへのコピー履歴を表示
  • 印刷履歴:印刷履歴を表示

  USB使用履歴          印刷履歴

Windowsファイルサーバ監視機能

  • ファイル操作履歴:サーバエージェントをインストールしたWindowsサーバ内の操作履歴を表示
  • アラート機能:サーバ内のファイル削除操作や、任意指定した業務時間外のサーバアクセスを管理者にアラート送信

   サーバ監視              サーバエージェント動作環境 >>

守る機能

クライアント制限

  • USBメモリの使用制限:「使用禁止」「書込のみ禁止」設定可能
  • WPD(Windows Portable Device)制限:スマートフォンの「使用禁止」設定可能
  • ソフトウェア利用制限:社内ルールに従った利用禁止ソフトウェアの設定可能

    USB_WPD制御         ソフトウェア使用制限

マイナンバー含む情報漏えい対策

PCをスキャンし、該当するファイル・操作等を下記機能で検出

  • 個人情報スキャン機能:マイナンバー・名字・都道府県等の情報が閾値を超えた件数を含むファイル
  • ファイル名検索機能:予め登録したキーワードに該当するタイトルのファイル
  • クリップボード監視機能:マイナンバー・名字・都道府県等を閾値を超える件数でクリップボードへコピー
  • ファイル実行ログ:予め登録した拡張子のファイルの実行
  • ファイルコピー・削除ログ:予め登録したキーワードに該当するファイルのコピー又は削除

 情報漏えい対策ポリシー設定①    情報漏えい対策ポリシー設定②     個人情報保有状況


ソフトウェア動作環境

PasoLog Manager

Webブラウザ環境 Chrome(推奨)、または InternetExplorer9以上
画面解像度 1024 x 768以上 (1280 x 1024 推奨)


サーバーエージェント

OS Windows Server 2012 / 2012 R2 / 2012 Storage Server
.NET .NET Framework 4.0以上
OS言語 日本語
メモリ 512MB以上
ハードディスク 1GB以上の空き容量


PasoLog(クライアントプログラム)

PasoLog(クライアントプログラム)は、日々のPCでの作業内容を自動的にメールで管理者に報告するソフトウェアです。
誰がいつどのような作業を行ったのか、把握が難しい業務の実態を見える化します。
また、USB・WPDの使用制御や印刷履歴の機能を使うことにより情報漏えいリスクを軽減します。

PasoLog Server

PasoLog Serverは、PasoLog(管理プログラム)を専用アプライアンスに搭載し、 導入・運用コストを極めて低く抑えて、経営リスクから企業を守ります。

PasoLog Server SMB Ⅱ(中小規模事業者向け)

PasoLog Server SMB Ⅱ は、PasoLog (管理プログラム)を専用アプライアンスに搭載した、中小規模事業者向けパッケージです。 専用アプライアンスをWindowsサーバに一新し、今までのPasoLog機能に加え、ファイルサーバとしても活用できます。 セキュリティ対策として、Ahkun EX AntiMalware を実装し、よりセキュアな情報共有と業務監視を実現します。

ページトップへ

ページトップへ