製品・サービス AAM-2000

背景 概要 仕様
社内LAN不正接続をブロック!
社内ネットワークセキュリティ対策+業務管理

1.未登録機器の通信を検知し、ブロック

未登録機器の通信を検知し、ブロック

AAM-2000は、アンチウイルスソフトやUTMでは防げない、LANの裏口からのアクセスをブロックするセキュリティアプライアンス製品です。
例えば、
1.サイバー犯罪者がWiFiのパスワードを突破して、社内ネットワークに侵入してきた場合
2.従業員が個人所有のPCを会社に無断で社内LANに接続しようとした場合
AAM-2000は予め登録していない機器(未登録機器)からの通信を検知し、通信をブロックすると同時に管理者へアラートメールを通知します。

2.従業員の業務内容を一元管理

従業員の業務内容を一元管理

AAM-2000には、業務管理システム「PasoLog」が標準搭載されています。

「PasoLog」は、社内PCやファイルサーバの操作内容をログとして記録し、AAM-2000本体にログを集約することで、
社内端末の業務内容を一元管理出来るシステムです。
「PasoLog」にはその他にも
・資産管理情報
・外部接続媒体制御
・アプリケーション利用制御
・個人情報ファイル検索機能
など、情報漏えい対策、情報漏えい抑止に効果を発揮する様々な機能が実装されています。

PasoLogの詳細

3.クラウド型マルウェア対策ソフト導入でセキュリティを強化

クラウド型マルウェア対策ソフト

AAM-2000には、クラウド型マルウェア対策ソフト「EX AntiMalware v7」をバンドルしています。(オプション扱い)

「EX AntiMalware v7」は、「クライアントプログラム」と「管理Manager」で構成されており、マルウェアの検知状況やアップデート状況をWebブラウザの管理コンソールからリアルタイムで確認することが出来ます。

EX AntiMalware v7の詳細

AAM-2000 導入ネットワーク構成例

ネットワーク構成例

ページトップへ