導入事例

Ahkun EX AntiMalware導入事例

導入事例:上尾中央医科グループ様

クローズネットワークでの充実した管理機能と、ファイル共有ソフトなどの広範囲な検知機能を持ちながら低予算で導入できるので決めました。

上尾中央医科グループ(以下、AMG)は、医療・福祉・教育を3本柱に、首都圏1都5県に27の病院、20の介護老人保健施設、看護師や理学療法士・作業療法士の学校、検査研究所などを運営する地域密着型の総合医療福祉グループである。

こうした総合的な医療事業を背景に、AMGでは早い段階から患者や従業員の個人情報漏えいに対する厳しいルール作りを推進してきた。その一方、ルールをチェックすることや、セキュリティレベルを維持するための管理面に不足を感じていた。

株式会社アークンは、こうしたセキュリティの取組みのカギとなる「チェック」や「管理」を Ahkun EX AntiMalware で強力にサポート。この製品を選択したポイントは何だったのか? 今後アークンに期待することは何か?

AMGのメディカルケア総合経営研究所で、グループ全体のITに関する管理・推進業務を担当している、渡部 亮氏に詳しくお聞きした。

企業名称
上尾中央医科グループ
(Ageo Medical Group.)
設立
1964年(昭和39年)12月
従業員
14,000名
本社住所
〒362-0075
埼玉県上尾市柏座1-10-3-58
URL
http://www.achs.jp/index.php
事業内容
医療・介護サービス

取り組みの背景

# セキュリティ対策状況と課題があれば教えてください。

我々は医療従事者という立場から、患者の個人情報を完全に保護しなければなりません。そこで、職員がPCを使用する場合や、個人所有のPCを組織へ持ち込む場合、また、外出先や自宅で業務を行う場合の制限やルールを策定して守らせています。

例えば、個人所有のPCを院内に持ち込むためには、所定の手順を踏む必要があります。また、メールやインターネットを使用した重要データの受け渡しや、ファイル交換ソフト(P2P)の使用も禁止しています。

特に患者さんの個人情報には厳しく制限がかかっています。職員もカルテの取り扱いについては強いセキュリティ意識を持っているようです。このことは、システム云々以前に医療従業者として特に重要な問題ですね。

この様に、様々なルールは明文化されており、広い意味で人的な制限はかけています。しかし、そのルールが本当に守られているのかチェックし、ルール違反を行えない様に技術的に制限をかけるシステムは現在ありません。故意的にやろうと思えばできてしまう状態ですね。

なぜ、AMGは、アークン(EX AntiMalware)を選択したのか?

# この製品の第一印象について教えてください。

実は、最初は社名も製品名も聞いたことがなかったんですよ。だから、特に第一印象はありません。

# それでも、この製品を選択した理由を教えてください。

あまり費用を掛けずに以下の2つの要件を満たし、構築できるものは無いものだろうか? ということで検討した結果、御社の製品を選択することとなりました。

【要件①:病院・施設のクライアントの対策状況を一元的に管理できること】
一番目の理由は、定義ファイルの配信機能と各PCの設定を統一する管理サーバがあることです。これまで私たちは各病院・施設単位でPCのセキュリティ対策を導入し運用していたため、グループ全体のセキュリティレベルに統一感がありませんでした。病院・施設によっては、管理者を十分に配置できないケースもあり、定義ファイルやログなどの管理が追いきれない状態が続いていました。
そういった状況を打開すべく、病院・施設の各端末が自動的に定義ファイルを取得し、その取得状況を一元的にログの確認ができるものというのが、要件の一つでした。

アークン製品を導入することによって、管理サーバをDMZに置いて運用できるため、先ず管理サーバがグループの代表として最新定義ファイルをインターネットから更新し、次にネットワーク中の各PCが最新定義ファイルを自動的に取得できるようになり、グループの各病院・施設のウイルス対策のクライアント管理が一元的にできる環境を構築できました。

【要件②:使用禁止ソフト対策ができること】
一般的なウイルスだけでは無く、通常業務では必要のない情報漏えいにつながるようなソフトウェアの使用制限がかけられる製品というのが2点目でした。
御社の製品はファイル交換ソフト(P2P)やメッセンジャー等のソフトの使用制限をかけることができるとの説明だったので、この点もクリアと判断しました。

導入の効果と今後の期待

# この製品の使用感はいかがでしょうか?

評価段階では、必要と思われるセキュリティ要件を満たしているので、特に悪い印象はありませんでした。 また、導入段階では、各PCに導入するクライアントソフトをメディアで配布する必要が無かったために展開しやすかったですね。

# 現在、業務効率とセキュリティ対策はバランスの良い状態でしょうか。
また今後、改善すべきと考えているポイントがあれば教えてください。

直近の改善点としては、ファイルを外部に持ち出すときに暗号化するシステムを導入したいと考えています。
また、技術的な施策だけではなく、各病院・施設では、職員に対してのセキュリティ意識向上を目的とした教育指導を実施しています。

# Ahkun EX AntiMalware の製品機能やアークンに対して、今後期待されている点は何でしょうか?

製品の機能については、ゲートウェイでメールやWebからのマルウェアの侵入をチェックするファイアウォール的な機能や、ネットワークの通信上でマルウェアをチェックして拡散を防止する機能、そして、マルウェアの検知と連動して動作するファイアウォール機能もほしいですね。

アークンに対しては、大手のセキュリティベンダーではできない、地域密着方のサポートを期待しています。マルウェア対策といえばAhkunというレベルまで会社としての知名度を上げてほしいですね。

お忙しい中、貴重なお話、ありがとうございました。

※ 取材時期:2012年10月

製品・サービスのユーザサポート窓口

※ご購入前のお客様の技術サポートは基本的にお受けしておりません。
製品に関する技術的なご質問や製品評価時のご質問につきましては、弊社代理店または弊社営業担当までお問い合わせください。

ページトップへ